マッサージで日常の疲れやこりを吹き飛ばそう

Woman

マッサージの歴史

マッサージの歴史とは

Massage

鍼灸や整体のマッサージの歴史とは、紀元前四世紀ごろに遡るのです。マッサージの必要性をといた文献が残っているのです。そして、16世紀後半になって効能や医療術が研究されて、フランス中に広がったのです。それをきっかけに、スウェーデンやドイツやポルトガルなどの欧州一帯にひろがったのです。日本においては、明治時代にフランスのマッサージが視察され、医療法のひとつとして取り入れられたのです。そのため、現在では運動後に筋肉を解すためにも行われているのです。そして、国家資格のあん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許がなければ、仕事として行うことはできないとされています。また、緊張の緩和が見られたり、排便を促したりする効果があります。

これからはどうなっていくのかというと

鍼灸やマッサージのこれからはどうなっていくのかというと、サービスが細分化されてくるということが予想されます。マッサージをしてもらうときの音楽を選ぶことや、終わったあとにお茶やコーヒーがでてくるなどのサービスを受けることができるようになるはずです。そして、マッサージ付のタクシーが登場することと思います。忙しい人のために移動時間を使って、疲れをとるのです。移動もできて疲れもとれて、一挙両得の効果があるのです。現代人にとっては、マッサージは欠かせない存在になっています。明日に疲れを残せないためにも、積極的な利用が好ましいのです。そして、明日に向かうためのエネルギーをためなければならないのです。静脈やリンパ循環を促進させる作用があるのです。